個人(ご家庭)のお客様

LPガス料金の仕組み/標準料金について

LPガス料金の仕組み

LPガス料金の仕組み

ガス料金は、ガスの使用量とは関係なく、一定額をお支払いいただく「基本料金」と、ガスの使用量に応じて変わる「従量料金」を合計した金額になっています。従量料金は、毎月のガスのご使用量と「原料費調整単価」により変動します。計算方法は以下の通りです。

LPガス料金の仕組みイメージ

原料費調整制度

LPガスは、石油と同様に輸入に頼っています。その原料費は、サウジアラビアなどの産ガス国が決定するLPガス輸出価格や為替の動き、輸入船燃料費など外部要因・経済情勢に応じて変動します。当社では、こうした経済・エネルギー情勢の変化や石油石炭税の改定、諸経費の変動を、LPガス料金に反映させて透明化するため、「原料費調整制度」を導入しています。 調整単価は、毎月の原料価格が基本月の原料価格に対して変動した場合、毎月調整 いたします。

調整単価の算定方法について

基準月と毎月の原料費1㎥あたりの差を、原料費調整単価としてLPガス料金に反映します。

〈1㎥あたりの原料費の算定方法〉

① 原料費のドル価格を計算 LPガス輸出価格+(輸入船燃料費×燃費0.04)
② 原料費の円価格を計算 原料費のドル価格×適用為替+諸経費の変動額
③ 原料費の気体1㎥あたりに換算 原料費の円価格÷産気率0.482

〈毎月の変動値〉

経済・エネルギー情勢などによって、毎月変動する値です。最新の情勢については こちらでご覧いただけます。

① LPガス輸出価格 サウジアラビアの国営企業であるサウジアラムコが公表する通告価格(Contract Price)の前月と当月の平均値×70%と、前月MB(モントベルビュー)+MB調達経費の合計×30%の合算
②輸入船燃料費(バンカーC重油) マグロウヒルカンパニー社発行のプラッツバンカーに日次掲載されるIFO-380CSTのシンガポール価格の中値の前月1日~末日の平均(小数第一位を四捨五入)
③適用為替 三菱東京UFJ銀行発表の外国為替の対顧客電信売相場(TTS)の前月1日~末日の平均(小数第三位を四捨五入)

標準料金について

標準料金プラン

戸建・集合住宅にお住まいのお客さまに適用させていただく料金です。価格は税別です。

基本料金 2,200円
従量料金 0.1~5.0m³ 530円/m³
5.1~10.0m³ 510円/m³

※2016年1月時点(基準月)の料金です。なお、従量料金は原料費調整制度に基づき下記の調整額にて変動しております。

2018年10月の調整額

原料費調整制度に基づいた1m³あたりの調整額は下記の通りです。

調整額 +51円/m³
基準比 +51円/m³
前月比 +12円/m³

おトクな料金プラン

お客様のご利用ガス機器により、標準料金プランよりおトクな料金プランを各種ご用意しております。
お近くの当社営業所までお問い合わせください。